なにか書きたい。

自由気ままに生きる29歳が思いのままになにか書きます。

明日は合格発表日。

 

明日は、私のかわいい担当の子たちの合格発表日です。

 

ああぁ!

 

ああ…

 

orz

 

私は4人、中3生の子たちを担当しているんだけど、1人だけすべり止めなしで高倍率の公立高校を受けた子がいて、すごく心配です。。他人がこれだけクヨクヨするんだから、これが親だったらもう精神状態がヤバイと思います!(語彙力なし)

 

 

高校入試。

 

塾講バイトをやってみて、自分のときはどんなだったか最近よく思い出しています。私はあの頃も本当に無知で、何をすべきかなんてわからなくて、母に頼りきりでした。

 

母だって出身は東京でもないし、知識もまったくなかっただろうに、私の進路のことを誰よりも考えてくれ、学校選びもすべり止め校選びも一番いいように準備してくれました。ギリギリの家計だったのに高い塾代も…あれはどうやって工面してたんだろう。

 

母は教育ママ系では一切なく、通知表に関しても「そんなのの結果なんてまったく重要じゃない。一人の人のさじ加減でいくらでも変わるし!」みたいな考えの人だったので、入試もそういうスタンスなのかと思っていました。

 

母が子供の進路なんてどうだっていい人だったら…考えるとゾッとします。

 

中学生のころの自分の頭の中を思い出してみると、何ていうか、ただただぼーっとしてたし、どこの高校に行きたいかなんてわからなかったし、偏差値とかそういうことも何のことか理解してなかった。

 

母が「この高校良くない?明るい雰囲気だよね!」とか「すべり止め校どこにしよう?」とか言ってくれているのを「ああ…」とか「ふーん」とか思ってたな。他人事〜!笑

 

 

担当の子たちを見ていて、そのころの自分を思い出したりします。

わかんないよね、だって、生まれたばっかりじゃん。

ついこの間まで小学生だったんだもんね。

 

どうして勉強するのかだってわからない。

勉強すればどうなれるかだってわからない。

そうだよね。

 

 

29歳から見ると、今からなんだってできる人たちだし、今までの常識なんてこの先いつ変わるかわからないんだから、自分の一番好きなことを知って、それを追求することに集中してほしいと思う。

 

でも勉強はしてほしい。

 

いざという時に学力がないと、選択肢が狭まることがある。

それに、学校生活の中で良い成績をとれないと自信を失いやすい。

自信を失った状態だと自分を過小評価してしまう。

からさ。

 

それを担当の子に懸命に伝えてみても、わかってもらえないことが多いです。

 

でもワカル〜!

私もそうだったからワカル〜〜!

 

だからタイミングを見てちょっとだけ伝えるようにしてます。

種は蒔いておかないとね。

あとはただ(お前さんの未来が少しでもよくなるようにな〜〜〜)と念を送るのみです。笑

 

 

受験生のみなさん、受験生を支えているみなさん、お疲れさまです。

どんな結果であれ、絶対に糧になるよね。大丈夫だよね。

今本気を出せている子も、出せていない子も、みんな大丈夫!

29歳もこれからも学ぶし!人生いつでも学べる!そう!

 

 

ああ〜〜

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ アラサー女性日記へ
にほんブログ村