読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにか書きたい。

人生無計画な28歳が思いのままになにか書きます。

旅の写真 13

写真

 

パリといったらルーブル美術館

 

観光名所に詳しくない私でも知っていたその有名な美術館は、

ぱっと見でも、1日では到底まわれないほどの規模だとわかった。

 

美術の教科書で見たような作品の展示場所が、見取り図でいくつも示されている。

これ以外にも、有名な美術品が数え切れないほど展示されているのだろう。

 

 

ん〜…、

 

ミロのヴィーナス、モナリザ、ナポレオンの戴冠式は見るとして…

 

…あとはもし通り掛かったら見るくらいでいいか。

 

 

バチ当たり者である。

 

 

しかしその日、何よりも目を奪われ、心を動かされたのは、

ミロのヴィーナスでもモナリザでもなかった。

 

f:id:naa67:20170222224116j:plain

 

大きな階段の先に立つ、

 

f:id:naa67:20170222224137j:plain

 

サモトラケのニケ」という作品。

 

 

船の船首をかたどった台座に立つこの像は、勝利を告げる女神なのだそう。

両腕と頭の部分が失われていても、天に向かって高らかに立っているのがわかる。

 

階段の踊場で光を浴びるその姿は、とても神々しくて、

しばらくその場に立ち尽くして、女神と、女神の向く先を見ていたのだった。

 

 

サモトラケのニケ

紀元前190年頃(ヘレニズム時代)の彫刻なのだそう。

 

ハ~…!古代ギリシア……!

 

 

また見に行きたいな。

 

 

 

サモトラケのニケ | ルーヴル美術館 | パリ

 

 

natts.hatenablog.com