読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにか書きたい。

人生無計画な28歳が思いのままになにか書きます。

うちのバイト先には日本を支える神様たちが来る。

バイトばっかりやってるんだから、バイトもネタにしよう。

私が働いているのは、街のクリーニング店。

 

クリーニング店はいつもお客さんがいないイメージかもしれないけど(私も働く前はそうだった)、それは平日の何でもない日だけで、土日祝やセールの日は一変。もんのスゴイことになる。

 

 

特に土日はサラリーマンの方々がワイシャツとスーツを携えて押し寄せる。

大概が毎週欠かさず来るお客さんたち。

 

ほんとマメでキレイ好きだよね!尊敬しちゃう。

お休みの日なのにさ!しかもこれが大体早起きよ。

奥さんに頼まず自分で来るからね!かっこいいお父さんたちですよ。

 

 

その人たちとはほとんど顔見知り。

ハイ、カード出して、品物出して、働いた日数分のワイシャツ!ハイ、5枚!

「◯◯円です!」

1000円ならば、お釣りは◯◯円!

のように、もうシステム化しています。すごいです。

 

「あれ…?今日はみんなワイシャツ4枚だな…」って思ったら月曜日が祝日だったり。

ほんとそれくらいキチッ!っとされているのです。

 

お店も混んでいるので、その常連のお客さんたちもとっても手際よくしてくれる。

レジ係の私の流れにしっかりと沿って対応してくれるのです。

まるで神様ですよ。。

 

 

思えば、満員電車で通学していた頃。

 

ぎゅうぎゅうの電車をおりるとき「おります…!」と声を発すると、目の前の道がザッと空いた。

サラリーマンの人たちは何も言わず、バッグをぎゅっと抱き締めながら、ある人はわざわざ車外まで出て、満員電車内でもドアへの花道を一瞬でつくり出してくれた。涙

 

あれって本当に感動するよね。

「みんな、優しい…!ありがとーーっ!」っておりるよね。

だから私もサラリーマンの人を見習って、おりる人はもう絶対優先!

さっさと車外に出たり、バッと避けたり、今でもがんばっちゃう。笑

 

ぶっちゃけ女の人は、すぐ後ろで「おります」って言っても全く意に介さなかったり、ドアの前を頑として動かなかったりするよね。

あれ、私、結構怒ってます!

いただけなさすぎ!サラリーマンの人々を見習え!!

神のような人々の邪魔になるようなことしてお前、恥ずかしくないのかよ!!!

ってぐらいな。

 

 

そんな日本を支えてくれているサラリーマンの人たち。

電車内でもあんなに気を遣っている人たちは、変わらずクリーニング店でも気を遣ってくれます。お仕事先でもとっても気を遣ってるんだろうなぁ…。

てんてこ舞いな私に合わせて自分もいそいそとお金を出してくれます。

 

そして「ありがとう」とか「お願いします」とか一言くれるのです…!!

 

 

土日は忙しいし、神様ばっかりが来るわけじゃないけど、ほんとやりやすい曜日かな。

ただし、みんなハードワークで襟が汚れるのね。

あれ、本当に頑固な皮脂汚れで、全ッ然落ちない。

あれ、キレイにして返したい……!

うちのクリーニング屋もホ◯イト急便みたいなすんごい機械を導入してくれよ〜〜!

 

神様たち、襟、ほんといつもごめんなさい。

こんなことを申し上げるのはかなり胸が痛いのですが、自宅の洗濯機とパワフルな洗剤で一度洗うとかなりキレイになりまする。。。